« | »

2016.04.08

4月に思う。

4月。
新しい学期の始まり
学年が変わり
或いは学校が変わり
職場が変わった人も
沢山いるでしょう。

「4」

というと

四方を囲むイメージから

ルールや枠組み
あと
箱や
「場」を連想したり。
モノや明確な具体を象徴したりもするだろう。

そのとおり
4月になると
多くの人が
新しい「場」に入っていく

そこで
新たなルールを受け入れたり
あらたな人間関係に所属して
今までとちがう
関係性の形に馴染んでいく必要があったり

4というと

始まりというより
固定
定着
という感じがして
すがすがしさより
なんだか堅苦しい感じがする

もしかしたら
新しい始まりのワクワクでいうなら
始まる前の3月のほうが
ワクワク
気持は広がっているのかもしれない

私は

4月の4には

13(1+3=4)の「4」を思う。

13というと
タロットでいうところの死神を表す

でもこれは
4番の奇数

つまり
自分にとって未知の
新しい秩序を受け入れるという意味がある。

人間にとって
もっとも未知の秩序
所謂、誰も知らない世界と言えば
それは黄泉の国
所謂「死」なのかもしれない。

4月は

今までの世界を手放して
新しい世界へ入る月。

どきどきだね

でも

それはとても具体的で
もう夢や想像の余地はなく
とってもリアリティーにあふれ
具体的な始まりでもある。