« | »

2016.06.28

カオスと希望  

                             2016年後期「12星座運勢」も見れるよ⇒
新しい事や                              
理想を実現しようとするとき

すんなりと実現することもあるかもしれないけれど
多くは
嵐を通過するものだと思う。

きっと出来れば
辛い事や
混乱や想定外の出来事に逢わずに
安全に

でも今より素晴らしい世界で暮らしたいと
思うものなんじゃないだろうか。

でも
よりより生活に変化しようとするということは
それまで続いてきた
もうオートマチックにになって
当たり前のように存在する

習慣や
暗黙に出来上がったルールや
慣れ親しんだ日々のリズムなんかや
或いは
もうなんも考えずにツーと言えばカーと言ってきた
呼吸のような関わり合いとか

そうやって
そこにあるものとして
定着したものも
もしかしたら

変化するという事であって

つまり
生きるという事は
沢山の人や物事が絡まり合い
成り立っていて

何かが変化するということは
色んな事が
波紋のように変化する。

ここのこの部位だけ切り取ってどうにか

とはならない訳で

だからこそ
何かを改善するということは

嵐を巻き起こす。

新しいものを受け入れるためには
習慣や癖や当たり前の事を変えねばならず
それはもう
多くの反発や
軋轢や
居心地の悪さや
バランスのとれた人間関係に生じる不協和音や

色々と
固まって安全であるはずの形が流動的になるわけで

そういう事を思うと

それがより良い幸せに向かう行為であっても
改善する
新しいものを生み出すという行為には
嵐という
おまけがついているのかもしれない。

でも
でもずっと嵐のままでは人間はいれないわけで
或いはぬかるんだ土壌は
新しい形に合わせて流動的に変化するのに適していても
やはりいずれ
固まるわけであって

嵐は
いずれ止むものなのだろうと思うのです。

仮に
今の現実が不幸に思えても
ぐちばかり毎日つぶやいているような日々でも

では
思い切って
この現実を変えようと
踏み出せない理由は
こうした事にあるのだろう。

しかし、

本当は
人生は流転しており

固まった足場は
いつか必ずまた流動的に変化するときが来るわけで
或いは
決して失いたくない
失わないだろうと思った
人と人とのつながりも
やはり
かならず失われていくのであって

それが
5年後かもしれないし
40年後かもしれないし

でも
変化することを
「変化しないもの」という前提で考えていると

ひたひたと
変化の足音が近づいて来たときに
恐れおののいて
世界の終りのように
絶望したり
なんのために生きて来たのかと
失望したりするのかもしれない。

幸せ向かって
積極的に生きるにしろ

消極的に
今ある幸せを守りながら生きるにしろ
(守りに入る事が消極的なのかどうかは疑問ではあるが、それはおいおい考えたい)

「変化するものなんだ」
と考えることは
幸せに暮らすための
いい鍵だろうと私は思う。

積極的に生きる人にとっては
変化するものだという事は
嵐を受け入れる力になるだろうし

消極的に守りに生きたとしても
変化するものだということは
今、変わらずあるこの暮らしに
ありがたいと感謝して
日々を大事に生きる事に
つながるのではないだろうか。

なんて事を考えた本日。

というのは
今日のホロスコープをぼんやり眺めていて
土星と海王星のスクエアがタイトなのが引っ掛かった

まぁ、これは、今日だけの事ではなく
ここ数年な配置で
なんどもタイトには
なっているんだけれど

この
世界の枠組みが溶解されていくような
足場がどろどろになって
こうであったはずの世界が変化していくような
そういう事を連想させる配置。

射手座と魚座の配置であるところを思うと
溶解される枠組みは
信じていた理想や在るべき理念のようなものなのだろう
多様な価値や考えや事実や
そうしたものが隠し難く表出するとともに
世界を牛耳っていた理念や考えが溶解していく

さらに今年は柔軟宮に星が集中し
まさに物事が
変化していくプロセスの年であろうと

そういう只中に
そういう時代に
生きているんだなぁ。

最近のニュースや世情に思いをめぐらせつ
思いを馳せた。

でも
そうしたカオスそのものが

もしかしたら
新しい時代ヘの希望でもあるのかもしれない。