« | »

2016.10.12

意外なところで自分の中心を流れるモノと出会う    <一日一篇の詩  vol 5>

まったく
タイプの違う人に囲まれたとき
なじみのない異質な場に
なげこまれたとき

なんとも言い難い
居心地の悪い気持ちがする。

でも
その何処にも頼るところのないような
あてどない状況の中で

本能のような
生きるのに欠かせない
胎のそこの
緒を手繰り寄せることになる。

丹田?

たんでんというのかしらね。
はらをすえるとはよくいうけれど

はらなんてものは
何処にあるのか
たいていはわからない

私だってわからないが

もっとも心細い
不運な出来事のなかで
自分の中心を流れる
エネルギーのかなめと出会うことはままあるのだ

そうしてそのかなめと出会ったなら
誰しも人生に一度はあるだろう砂漠地帯を
もくもくと歩むことができるだろうし
そこで
一人あることの
喜びを見出すことだってできるのだろう。

——————————————–
『<一日一篇の詩>とは?』 これは本日の ホロスコープや数秘を見て、COCOに届いた詩、あるいはその日なんとなしに降りてきた言葉や詩などを、だいたい毎日連載するものです。