« | »

2016.10.16

わからないままに   <一日一篇の詩  vo.9>

本当は何がしたいのか?
本当はどう思うのか?
本当は……

本当のといえそうな自分の気持ちが
「そのとき」には
わからないということは
あるんだよね、

出来れば
本当のところがわかってから行動したのは山々なんだけどさ
考えても考えてもわからないままに
行動してしまったりする

それが大きな決断だったりすると
まるで自分は運が悪いんじゃないかとか
大失敗をしでかしているようにも感じたりするんだけど

ずいぶんたってから振り返ると
あれでよかったんだな
と思ったりする。

本当のところというものはさ

「今」と「本当」とのギャップが激しいほどに
わからないもの

そういうときほど
改革は大きなものとなりがちなんだ

わからないとき

人生には
わからないままに
突き動かされるように
或いは運命に強引に
がけから突き落とされるように
ジャンプするしかないときもある。

———————————
『<一日一篇の詩>とは?』 これは本日の ホロスコープや数秘をインスピレーションにして、COCOに届いた詩やエッセイ、あるいはその日なんとなしに降りてきた言葉を、だいたい毎日連載するものです。