« | »

2016.10.08

火のないところで煙は立つ     <一日一篇の詩  vol.1> 

こちらは優しさのつもりでいるんだけどね
いつのまにか
相手はこちらを改善することにやっきになっていたりする

こちらは
ぼんやりマイペースなんだけどね
いつのまにか
あいては
やれこれが問題だ
あれが問題だ
こうすれば君は救われるんだといわんばかりに
右往左往
七転八倒していたりする

そうしてこちらが
そんな相手に
「大丈夫だよ。ありがとう」
なんて慰めると
ポロリと涙をこぼして
また
右往左往騒ぎ出す

さぁて、
火のないないところに煙は立たずなんて
諺があるけれど
だいたいにして人間は
火のないところで
煙がたっていると騒いでいる

でも
その騒ぎ事態が
ドラマチックで面白い
恋なんていうものも
その一つかもしれないのだからさ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日から<一日一篇の詩>をスタートします。

これは本日の
ホロスコープや数秘を見て、COCOに届いた詩
あるいはその日の朝
なんとなしに降りてきた詩を掲載するものです。
できるだけ毎日掲載しようと思いますが
ちょこちょこお休みもするかと思います。
よろしくお願いします。