« | »

2016.11.22

堂々と「嫌だ」 <一日一篇の言葉 vol.46>

                               ⇒2017年12星座運勢はこちら

今日から太陽が射手座に入ります。
射手座と言えば

以前読んだ
姫野カオルコのエッセイの中で
「射手座のB型の堂々と人を傷つけられるようなところに憧れる」
と書いてあったのが印象的に残っている。

たしかに
射手座の中には
ハッキリくっきり
あえて反発するように

嫌なものは嫌だと
違うと思うものは違うと
主張する人がいるなぁ。

でもなんだか
射手座の「嫌だ」という言葉は
漫画のセリフみたいな面白味があって
なんだか憎めないのだ。

切り捨てる「嫌だ」でも
断絶する「嫌だ」でもなく
背をむけるでもない

誰かと向き合って
立ちはだかる、
向きあって挑戦する「嫌だ」なのだ

そんな姿勢に
「嫌だ」という言葉とは裏腹に

何かこちらを包み込むような温かさを感じてしまうのである。

今日も読んで下さってありがとうございます。
いい一日を。

あぁ、そうそう、例えるならあれです。
戦いまくったピッコロと友達になれてしまう
ドラゴンボールの悟空のような感じです。

/////////////////////////////////
『<一日一篇の言葉>とは?』 これは本日の ホロスコープや数秘をインスピレーションにして、COCOに届いた詩やエッセイ、あるいはその日なんとなしに降りてきた言葉を、だいたい毎日朝6:00に更新、連載するものです。