« | »

2016.11.07

力とやらについて <一日一篇の言葉 vol.31>

愛情を力で支配する
そういう人は
漫画とか
昔話とかで
なんというか
人の原型の一つのように
登場する

愛情だけじゃない
さまざまなものを
力でもって支配したり手に入れたり
思い通りにしたい

力ってなんだろうなぁ

大金かな?
地位とか権力かな?
何かしらの成功した功績かな。
単純に暴力?

しかし
物語の中では
お決まりに
そういう人物は幸せにはなれないオチなんだけど
なんでだろうかと考えたときに

やっぱり
幸せになりたいと思うなら
「自分」が誰かと出会い関わるしかないわけで

その力とやらは
どうやら
「自分ではない」ようなんだな

だから
自分でないもので
誰かを惹きつけたり
動かしたり
繋がり合ったりしたところで

自分でないものだから
やっぱり
そこでは何も手に入らないわけで

そのあたりが
物語によくある
なんでも手に入れられるのに
不幸になるという
登場人物の構造なんだろうとおもうのだ。

誘惑にまどわされないように
という言葉も
物語に出てきそうだけど

誘惑は
力の事で、
その力とやらは自分ではないんだ
という事を
忘れてはならないという事なんだろう
とか考えてみた。

しかしまぁ
実際には
やっぱり
お金も欲しいわけで
やっぱり、人にも認められたいわけで
心の中では
時には
どゴーン!とすげぇ!とみんなを見返したいなぁなんて妄想したりするわけで

力とやらは
やっぱり気持ちよさそうなわけで

しかし、力とやらは扱いが難しい。
あまり大きな力の前では
私なら自分を見失ってしまいそうだけど
あなたはどうですかね。

今日も読んで下さってありがとうございます。
いい一日を。

という訳で、時々妄想しつつも慎ましい日々に感謝です。

/////////////////////////////////
『<一日一篇の言葉>とは?』 これは本日の ホロスコープや数秘をインスピレーションにして、COCOに届いた詩やエッセイ、あるいはその日なんとなしに降りてきた言葉を、だいたい毎日朝6:00に更新、連載するものです。