« | »

2016.12.02

枝の先 <一日一篇の言葉 vol.56>

                               ⇒2017年12星座運勢はこちら

今日はサビアンは射手座の11度
「寺院の左側にある物質的さとりをもたらすランプ」
太陽と海王星は90度をさし
土星を中心に木星と火星が小三角をさす。

精神世界も行き過ぎると
現実からかけ離れた怪しいところにつれていかれそうだと
占いやヒーリングというものに懐疑的なひと
そういうものが好きだけど警戒心をもっている人

そういう人は多い

しかし
そういう怪しさ
危険なぎりぎりな感じがあるからこそ
それでもそこにある「本当」を求めて
旅をするように

こういうものを渡り歩く人は多いんじゃないだろうか

そうして
やれ
あれは本物だ
あれは偽物だと議論する。

人をだますために
不思議な話をする人もいるかもしれないが
多くは
大真面目に
あるいみ
行き過ぎてしまい
そうした行為に没頭するんじゃないだろうか

今日はそうした
世俗から離れた精神の向こうを求めて
もしかしたら物質さえも凌駕してしまうような可能性に向かって
ひっそりと何処までも追及するすがたが
行き過ぎてしまうような感じがする

太陽と海王星。

そうして

それをすれすれで止めて
限界で
着実に
やるべきことをやって
何かを形にしたり掴もうとする

そういう
小三角形のエネルギーがある本日。

30年前ぐらいに
スピリチュアルブームの初期のころ
「アウトオンアリム」というシャーリーマークレーンの
本を思い出す。

そこに
「真実は枝の先までいかないと手に入らない」
と書いてあって

頭がおかしいと
思われるかもしれない
じっさい
そうした
世界の
先まで踏み込んで
落ちるかもしれないその先までいかないと

見えないものというのがあるんだなと
感じた記憶。

そうして
先まで
行ってみたいと思う
ワクワクを

私も
抱いた一人

転落するか
しないかの
その狭間で・・・。




今日も読んでいただいてありがとうございます。
いい一日を。

でも、太陽と海王星の90度 (射手座×魚座)って
なんとかなるさ、って楽観的にチャレンジしたはいいけど、何とかならなくて唖然とする
行き過ぎた夢が、そんな無残な夢の散り方をしそうな危うさを想像する。
今は、
枝の先までいかないほうがいいんじゃないかなぁ‥‥。もう少し手前で立ち止まった方が…。

/////////////////////////////////
『<一日一篇の言葉>とは?』 これは本日の ホロスコープや数秘をインスピレーションにして、COCOに届いた詩やエッセイ、あるいはその日なんとなしに降りてきた言葉を、だいたい毎日朝6:00に更新、連載するものです。