« | »

2016.12.15

個人と集団と癒しと <一日一篇の言葉 vol.69>

                               ⇒2017年12星座運勢はこちら

昨日は双子座の満月
から蟹座の月へ移行した日。

個人としての能力を確立しようとする双子座と共感の蟹座

双子座には
神経的に活発なイメージもあるけれど
私はここ数日ずっと「めまい」が起きていた
頭のほうの神経がクラッシュしている感じだけれど
双子の満月の影響だったりとかふと思う。

そうして
昨日、セッションを終えたあと
札駅周辺で用事をたしていたら
急にクッキーがつくりたいなと思い立ち
ピーナッツバターとメイプルシロップを買った(切れていまして…)

蟹座には衣食住の意味もあり
急にお菓子をつくりたいとは
蟹座の暗示だったりしてとか思いを馳せる

そういえば定期的に
取りつかれたようにお菓子をつくりたくなるんだけど
もしかしたら
蟹座の月だったりするのかもしれない

人は個性的でありたいと思い
自分を主張したりもするが

一方で
大きい物に飲み込まれたい
とも思うものなのではないだろうかと思う。

蟹座というと母性で愛情深く
暖かいイメージがあるけれど
一方で
個性的すぎることを許さず
個性的なものを淘汰する
集団性や場の力というイメージもある

それはけっして矛盾するものではなく

人は
安らぐとき
大きなものにまかれるものなのではないだろうか

眠るときに
意識をうしなうように
集団の中に同調して
個を失うことで

癒されるという側面もあるのではないだろうか。

もちろん
それだけではいられない
それだけが続けば

個は悲鳴をあげ
今度は
独自性を主張したくなるだろうから

それでも
人は
自分になる、個人に帰る時間と
集団性や場に飲まれ自分を失う時間と
両方が必要なのかもしれない。




今日も読んで頂いてありがとうございます。
いい一日を。

しかし、癒しで済めばいいけれど、気が付くと戦争に連れていかれていたりする歴史を思うと、
私は集団や場を優先する考えは怖いのでありますがね。

/////////////////////////////////
『<一日一篇の言葉>とは?』 これは本日の ホロスコープや数秘をインスピレーションにして、COCOに届いた詩やエッセイ、あるいはその日なんとなしに降りてきた言葉を、だいたい毎日朝6:00に更新、連載するものです。