2022.01.31

”COCOの星の予報” 2022年『2月』12星座運勢 と 世の中の雰囲気

※『2022年「2月」12星座運勢』と『2022年「年間」12星座運勢と世の中の雰囲気』はこのページをスクロールて下に掲載してます。是非ご覧ください。

============================================

<2022年『2月』星の流れから見た世の中の雰囲気>

1日  水瓶座新月
4日  水星逆行終了
15日 水星水瓶座入り
17日 獅子座満月
19日 太陽魚座入り

今月は山羊座と水瓶座に星たち(太陽水星金星火星土星冥王星)6天体が集中しているのが特徴的です。山羊座と水瓶座ともに支配星に土星を持つことから、ルールや制約というものが鍵になる暗示がありそうです。
コロナの影響で現在「蔓延防止措置」が発令されていることが思い浮かびます。水瓶座は自由の星と言われますが、一方で社会性がとても強いのが特徴的です。ただ水瓶座の社会性とは、既にある慣例やヒエラルキーを重視する山羊座の社会性に対して、状況を厳しくとらえた上で平等にみんなで生き残るにはどう仕組みやルールを変える必要があるのか?どんな仕組みが必要か?ということを考えるサインでもあります。

つまり良くも悪くも社会の大きな動向に振り回される時期といえます。

それでも、2月の前半は、昨年末に魚座入りした木星がいい意味で山羊座にいる星たちをサポートをしている様子。

木星は山羊座の金星火星に天王星をまじえ小三角形を形成し、新しい楽しさや活動を広げていこうと後押ししています。制限された中でも新しい価値や流行などが現れ、あまり暗いムードではない様子。山羊座の水星には魚座の海王星が60度でアイディアやイマジネーションは活発。

ただ、水瓶座の太陽は土星にロックオンされているようにコンジャンクションで、今命を守ための?!(水瓶座的今ここの危機対応)の制限や守べき義務で自由にできない、きちんとしなきゃ!という圧が感じられます。息苦しさのピークは4日で徐々にやわらぎ、19日には緊張がほどけてリラックスしたムードが戻ってくるのではないでしょうか。

ただ、魚座というのは互いの垣根を溶かすような働きがあります。そのことを考えると、もしかすると、ウイルスも多少は収まるでしょうが、感染症が収束するというより、ルールが緩和するとか制限が緩むとかそういうことである可能性もあります。

とにかく、下旬には楽観的な雰囲気が高まり始めるかも。

ただ、気になるのは
月末に火星と冥王星が山羊座で0度になり、水星と土星が水瓶座で0度になります。頑なな思考が強まり、世の中への怒りや苛立ちも強まる暗示が。不穏な空気があるので、注意が必要です。

世の中に対してでなくとも
親や上司に抑えていたものがある人は
この時期、怒りがこみあげてきそう。

突発的な行動は後で後悔につながります。
この時期(2月下旬28日前後)はすぐ行動せず深呼吸して、立ち止まる余裕を心がけると◎。

============================================

<2022年『2月』12星座運勢>

牡羊座
仲間や同じ志を持った仲間との交流などにフォーカスされる時期です。ムードメーカのような存在になる人も。何かと目立つポジョンになることが多く活発で華やかな時期ですが、対等な振る舞いで横のつながりを重視することが開運の鍵。

牡牛座
向上心が結果につながりやすい時期です。プレッシャーを感じる出来事もあるかも。リーダーシップをとるような役割になる人も多いかも。視野を広げ、いろんな視点に心を開く姿勢が大事な時期です。

双子座
様々な視点で考えて、あちこちに発想が飛ぶことが多い双子座ですが、今月は色々な考えを包括する趣旨や意図のようなものを意識すると上手くいく時期。師と言える誰から考えや技を受け継ぐことになる人も。色々ツッコミたくなる気持ちを抑えとりあえず今月は受け取ることに集中すると楽しい体験もある時期。人によっては、深いロマンスの予感も。

蟹座
他者との関係が重要な時期です。パートナーがいる人は、華やかで楽しいイベントがある予感。浅い関係で止まっていた人は今月が関係を深めるチャンスになるかも。人によっては親族など既に利害を共有してる人との間で義務や責任。積極的に対応せざるえない出来事が生じる暗示も。

獅子座
自分の意思を中心に行動することが多い獅子座ですが、今月は他者のニーズに応え、役に立つ事が大事な一か月になるかも。パートナーや恋人。親族である場合もありますが、今月は自分を抑えてこしっかり相手に耳を傾けることが開運の鍵。

乙女座
計画的で具体的。今なにが必要か?ということについては細やかに応答できる力を備えた人が多い乙女座ですが。今月は求められることに伸び伸び応じ、存分に力を発揮出来ることになりそう。必要とされことが増えますが。同時に好き勝手したい!という欲も高まるので、信頼してくれて、ある程度自分に采配をまかせてくれる相手か否か見極めてニーズに応える、という判断が大事。アフターファイブには恋の予感も。

天秤座
自分を表現したい気持ちが高まりそう。他者がどう思うか?ということに意識が向かいがちなてんびん座ですが、今月は誰かの指示に従うよりも、自分で考えて自分で実行したほうが充実感が得られるはず。下旬になると一転して、誰かのために尽くす機会が増えるかも。案外家にいることが楽しめる暗示もあるので、働きすぎず、プライベートも大切に。

蠍座
家やプライベートに意識が向かいそう。家族のことや自分のことであれこれ考える事が増えたり、解決しなきゃならないことがある人もいそう。周囲とのコミュニケーションは活発で華やかなので、外部とのやりとりも忙しいかも。自分のテリトリーを確保して冷静さを保つことが開運の鍵。下旬から趣味や遊びなどで楽し気な出来事があるかも。恋の予感も。

射手座
何かを学んだり吸収するのに最適な時期。自分の能力を磨いたり発揮したりすることで、自分の価値を高めるつもりで取り組むとワクワクしながら手ごたえを得られるかも。下旬は色々な人と情報交換するよりも、家に帰って自分のペースを整えるほうが安定して物事に取り組めそう。

山羊座
メリットや結果を考えて行動する時期になるかも。着実で確実な選択がシックリくる時期。所属する場で、ポジションを得たり、評価されるための試みが上手くいく時期。自分が何者でどんな能力があるのかをアピールすることが自分の評価や今後の利益にもつながるかも。

水瓶座
自分の考えや感性を素直に出せるかどうかが、今後の周囲からのあなたの印象を左右する時期。新しいスタートの時期だと感じる直感のようなものを感じる人も。無意識に怒りや憤りの他、喜びのようなものまで隠しているかもしれません。意識的に行動しているようで、自分でコントロールできない自分がいることに気が付いているかいないかが運気の分かれ目に。下旬から、金運アップの暗示も。

魚座
前半は疲れが出そうな暗示。過去のことをあれこれと考えてしまったりして、少し気持ちが沈みがちに。あまり活動的になるよりも一人でいるほうが気が楽な時期なので、今月やあえて休憩と思って。仕事でも家族でもない仲間との交流はいい刺激になりそう。ワクワクしたものを求めて交流したくなりますが、程ほどに。下旬になると吹っ切れて、楽観的な気分に。

============================================

<2022年『年間』12星座運勢と世の中の雰囲気>

https://coco.sapr.jp/2021/12/column-2022/

============================================

2021.12.01

”COCOの星の運気予報” 2022年 『年間』 12星座運勢 と世の中の雰囲気

2022年の年間運勢です。

※「世の中全体の雰囲気」はこのページをスクロールして下に掲載してます。
是非ご覧ください。

<12星座運勢>

牡羊座

牡牛座

双子座

蟹座

獅子座

乙女座

天秤座

蠍座

射手座

山羊座

水瓶座

魚座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

≪2022年 世の中全体の雰囲気≫

<一年のまとめ>

年明けから5月11日頃まではジャッチすることよりも共感することを大事すると◎
白黒・善悪などつけられない混沌としたもの事を漠然と受け入れる時期。もしかしたらウイルスといかに共存するか?ということもテーマになるかも

5月以降は新しいことを開始する人が続出するかも。
打ち明け花火のように打ち上げるだけで消えるものも多いですが、今後の12年をけん引するように発展し拡大するものも多く沢山生まれそう。

堂々意見を述べ、カッカとする人も増えるかも。
特に8月以降は交流が盛んになりあちこち飛び回り動き回る人も増えそう
言葉がきつくなるので思いやりが肝心。
盛り上がりにのまれて、悪ふざけする人も。周囲へのやさしさを忘れずに。

10月末。再び共感や優しさにフォーカス。
再び感染症拡大の可能性もあるが、垣根を取り払うムードが強いので「制限」するより「共存」へ本格的にシフトするのでは。

そして年末。
再び木星は牡羊座に入り新しい勢いが再び。

ーーーーー

2022年は新しい始まりの流れに乗りつつも、冷静さを保つこと。
有象無象、いろんなものと「共に生きる」という意識が開運の鍵に。

================================

<一年を詳しく解説すると>

今年は年明けから2月末まで山羊座を4天体(太陽水星金星火星)が通過していきます。
山羊座は既存の価値観の中で勝負する星座で、社会性を司る星座でもあります。プロセスよりも結果を重んじる傾向が強い傾向があり、保守的で伝統を重んじる傾向が強いとされています。そして山羊座の後は同じ4天体が水瓶座へ移動していきます。

一昨年に木星と土星が水瓶座入りし、世の中がコロナ一色になるとともに、新しいルールやシステムに移り変わっていきました。制限下で今までと違うスタイルで暮らすことをよぎなくしてきた昨今ですが、今年の年明けからしばらくは、「あぁ、そういえば正月ってこいうんだったね!」と思いだすような、伝統的な風景が戻って来るような時期となのったのではないでしょうか。

山羊座は組織的な新しい試みを始まりを暗示するサインでもありますので、新しい事業を開始する人や、今までしてきた事業をあらためてスタートするような好機ともいえるでしょう。

土星は一昨年の暮れから水瓶座にあり、今年も水瓶座を運行します。
水瓶は改革の星と言われていますので、今年の年末も引き続き、既存のルールや常識が変化していく雰囲気は続くでしょう。現在でも、ジェンダー意識の変化、現金から電子マネーの普及の加速、世界でも以前はスタンダートとされる力や考えがどんどん揺らいだり変化することが加速度的に進んでいく流れの中にいます。

実はこの変化は土星が水瓶座を過ぎれば終わりという訳ではなく、
このあとの冥王星水瓶座入りの前の「地ならし」のような期間といえるでしょう。
「地ならし期=変化のためのインフラ整備」のような期間を経て、本格的な水瓶座の時代がスタートします。

ただ、今はまだ冥王星も山羊座にいるので
その最後の仕上げのような時間のおおずめです。

冥王星は物事の隠された面も浮き彫りにし、赤裸々にオモテざたにしたのち
そのテーマを終わらして次のテーマを開始します。ここ数年間。山羊座にあった冥王星は、既にある世の中のヒエラルキーや権力構造の幻想を暴き、むき出しにし、赤裸々に知ら占めてくれたのではないでしょうか。今ままで世間で主立って信じられてきた価値観の正体や本質を知らしめてくれるような出来事があったり、あるいは、当然と思っていたものを違う視点で見る機会を得たり、そんなことが多かったのではないでしょうか。

そしてその山羊座から水瓶座の移行のプロセスの中で、木星が魚座を通過するのが今年です。

山羊座の冥王星によりむき出しに見せられる世界は、いいものだけではなく、腐敗したり、形骸化してどうにもならない様相を呈しているもの、理想とはかけ離れたもの、混沌としてしまった世の中もあるかもしれません。

それを次の本格的水瓶座時代に入る前に統合する作業が特に今年の前半行われます。
物事を単純に白黒、善悪と二元的に分けてしまえれば簡単ですが、世の中はもっと複雑で混沌としていることを、この時点で多くの人が実感しているはずです。

これは、うまく言語化できないので(すいません)漠然とした感覚的な意味だと思っていただけるといいのですが、その簡単には割り切れない、混沌とした世界を漠然と「ごっくん」と飲み込んだり、全身で吸収する。ということがテーマになる年になるのではないか?と思っています。特に前半5月までは、フリーズするような、はじまりの前の真空状態のように、漠然と白黒つかないものを、呆然と受け止めるような感じ(どんなかんじだw)がします。

しいて具体的なことをいうならば
ここ数年の変動の中で、傷ついた人、取り残されて病んでいる人、貧困や孤独にある人など、弱ったり犠牲になってる人にフォーカスがなされ、救済意識が高まるかもしれません。思いやりや優しさ意識が高まるかも。これまで、人々の間にあった距離感の壁や垣根を超えて「助け合おう」という気運が高まるかもしれません。

そして5月11日を過ぎるとムードが一変し始めます。
木星が牡羊座に入り、一気に世の中が新しく動き始め活気を帯び始めます。
ここかしこで新しいことが始まるぞ!!という感じがして、若葉が一斉に目をだす春のムードが漂うでしょう。ただ、この「新しい」ものは、本当に新しく、上手くいくのか?今後も続くのか?わからないようなものも多々あるでしょう。ただ、この時期世の中に登場する新しいものの中には今後の12年間をけん引するようなものが多く存在しそうです。或いは、この時期始めることで「波に乗る」ことが出来た!と後々思う人もいるでしょう。

とにかく、
多くの人がここで、新しいチャレンジに乗り出します。
8月は更に活気づきます。やり取りが活発で、目まぐるしく人や情報が行きかう様子が感じ取れます。ただ、この時期は、多くの人が興奮気味になったり、勢いあまって言いすぎたり、言葉が鋭すぎて相手を傷つけてしまったり、悪ふざけが過ぎてしまう人も。

新しいことにジャンプする勢いは大事ですが、動き出したエネルギーに飲み込まれず、冷静さや周囲への思いやりを怠らないことが、この時期肝心です。

そして10月末には少し勢いが弱まります。
再び木星が魚座に戻り、新しく飛び出していくパワーよりも。周囲への共感や寄り添う心のようなものに再び意識が向かいそうです。魚座は「垣根を超える」という意味を踏まえると
それを愛や心ととらえることもできますが、垣根を超える=ウイルス と考えると、この時期再び感染症のようなものが舞い戻ってくる可能性もあるかもしれません。ただ、垣根や制限を象徴する土星や水瓶座や山羊座(ルールや制限を司るものたち)は年末年始を境に抜けていくことを思うと、制限は弱いのではないでしょうか。

ここから、再来年2023年へは、制限する方向ではなく
ごった煮で統合する方向へ。
共存し、赦し、飲み込み、受け入れ、あるいは受け入れないままに
混在する中で、漠然と受け止めるようなそんな統合をテーマとした期間が2025年末まで続くのではないでしょうか。

================================

※2021年12月と2022年1月の『月間』″の星の予報″12星座運勢はお休みさせて頂きます。

2021.10.21

”COCOの星の予報” 2021年『11月』12星座運勢 と 世の中の雰囲気

※『2021年11月12星座運勢』はこのページをスクロールて下に掲載してます。是非ご覧ください。

============================================

<2021年11月 星の流れと世の中の雰囲気>

5日  金星山羊座入り
   蠍座新月
6日  水星蠍座入り
19日 牡牛座満月(部分日食)
22日 太陽射手座入り
25日 水星射手座入り

11月特徴は固定宮に星が集中します。
太陽系の主惑星10天体のうち、6点体が固定宮に滞在します。
トランスサタニアンなどの外天体を外しても、7天体中5体が11月中に集中して固定宮に入ることになり、緊張の強いTスクエアを形成します。妥協できない頑迷な意思がぶつかったり折り合いのつかないテーマの間で強く葛藤する気配。

蠍座に太陽水星火星が集まり、深い人間関係や物事の真実や本質、隠れた深層などに注目や関心が集まりそうです。その蠍座の真向かいにある牡牛座の天王星はその結びつきを周囲の反対を押し切っても貫くよう唐突に反抗的にでも主張するよう促すでしょう。また、その蠍座に対して水瓶座の木星土星がツッコミを入れます。癒着した依存や癒着した関係性を許さず、フラットで公平なやり取りを求める動きがありそうです。或いは深く癒着しあった関係を終わらしたり、適切な距離を取るよう要求します。また、木星土星と天王星も90度を形成していて、健全で堅実なものにコダワリ、それに沿うように蠍座の星たちに圧をかけていくようにも見えます。

なかなかにギタギタとギスギスと重たい雰囲気が11月22日頃までは続くのではないでしょうか。

つまり、物事のやり方を新しいものを刷新しながら進むも、進みながら深い真実を浮き彫りに明らかにしていくことになる。そして、それは公平なのか?真っ当なのか?長い未来まで踏まえて通用する選択なのか?、と突っ込まれ葛藤することになる。その結果どうなるかは人や場によりますが、何かに突き進む人。別れたり、終わらしたりする人。大事なものを失う人、大きな事業に終止符を売ったり、反対を押し切って突き進むことにしたり…ここかしこで様々な選択が行われ“決着”がついていくことになるかもしれません。

一方、この一か月を通じて火星と金星が60度の高角度を形成。は吉星といわれ心地よい物事を女性的に受け入れる作用を持ち、トキメキや喜びを表し、女性性の象徴とも言われます。一方火星は、積極的な行動力や戦う勇敢さを表し、自ら切り拓く男性的なエネルギーの象徴ともいえます。

この二つが調和的に接触することで、ワクワクした雰囲気やトキメキ、物事の華やかな盛り上がりにつながります。男女の関わりや結びつきも表すので恋愛を求める動きや男女の交流などは今までより活発化しそうです。

6日に金星が山羊座入りするとその結びつきやワクワクとトキメキや楽しみを帯びた盛り上がりが徐々に高まり、11月の下旬にはギタギタした雰囲気よりも華やかさや楽しさの方がだんだんに際立っていく印象です。

山羊座の金星は堅実な愛を表すことから、愛情や楽しみ、お金と言ったテーマにおいて
堅実で実際的なものを求め、結果を求めて構築していこうという人が増えるでしょう。
恋愛においては結婚などの形を求める人が増えそうです。お見合いや婚活が世の中で活性化?するかも。

22日頃から順に太陽と水星が蠍座から射手座に抜けると
世の中の空気がさらに軽くなり前向きに未来の夢や希望を抱いていこうという
楽観的なムードが増してきそうです。

============================================

<2021年『11月』12星座運勢>

牡羊座
サバサバした牡羊座ですが、実は、深く関わり「身内」と認識した相手にはジャイアンみたいな甘え方をする人が多い傾向が。マウントをとりつつ相手に甘えてあれこれしてもらうなんて事もありそう。今月、そうした深い関わりの相手に支えられたり受け取るものが多くなるかも。目標に向かって頑張るのにそうした支えは不可欠。当たり前と思わず、きちんと感謝を伝えることが開運の鍵に。一方、誰に甘えるでもなく、ひたすら一人で何かに熱中することになる牡羊座もいそう。集中することで我を忘れ、そうするうちに新しい自分と出会えることに。そうして新しく「出会った自分」が今後をの未来を切り拓く鍵になるはず。

牡牛座
深くて熱い対人関係が鍵になりそう。いつの間にか対人関係に熱くなり熱中したり深く関わり合うことになるかも。そのかかわりが深ければ深いほど、アナタの中で何か化学変化のような変容を経験することになるケースも。それは恋人の場合もあれば、職場のライバルのような存在の場合もあるでしょう。いずれにせよ、人との関わりがあなたを一段ステップアップにつなげてくれる暗示。

双子座
人のために奮闘することになるかも。何かとやっかいごとが多くて、あれこれこまごま働くことになる暗示も。損な役回りに思えるかもしれませんが、しっかりと結果を出すことで、周囲に認められるチャンスとなる事も。向上心が旺盛な時期なので、必要とされる作業を通じて自分のスキルをアップさせたり、視野を広げる機会になることもありそう。

蟹座
ワクワクドキドキしたことが訪れるかも。恋の予感も。誰かとのデートや関わり合いにときめいたり、楽し気な時間をすごす人もいるかも。友人との遊びやレジャーをエンジョイするケースも。是非、心を許せる仲間や恋人と深く自由な時間を!。今月は堅苦しいことは忘れて、楽しみを謳歌することが多くなりそう。来月出来る仕事は来月に後回しにして、今月はやりたかったことを優先して◎。

獅子座
家ですごす時間が充実しそう。あれこれ出歩くよりも家で出来ることは家でするほうが楽しめるとき。家族や恋人と家で映画を見たり食事をしたりするといいかも。家族や身内のために働くことが多くなる人もいそうですが、今月それがなんとなく嬉しく感じるでしょう。お墓参りもおススメ。地に足がついた気がして気持ちが落ち着くはず。

乙女座
好奇心が旺盛になり、人と話たり情報の交換をどんどん楽しみながら行いそう。浅く広く情報収集することになりそうですが、少し深めの題材の方が楽しめる暗示も。何かを学ぶのにも良い時期です。セミナーなどに参加してもいいかも。小旅行もリフレッシュに。

天秤座
金運が上々。よく使いよく稼ぐ、そんな運気です。合理的な感覚を大事にして、それが自分にどんなメリットになるのか考えながら使うことが開運の鍵になるはず。家のことが楽しめる暗示があるので、カーテンや新しいインテリアを購入したり、台所用品などにお金を使うのもアリかも。体のメンテナンスにもいい時期かも。

蠍座
自然体で振る舞うだけで周囲にあなたを印象づけることが出来る時期です。物事を深くみる目や、鋭い視点、粘り強さなど、あなたのいい面が光るでしょう。猜疑心が強すぎるとチャンスや幸運を逃しがちになるので、あるい程度はおおらかに軽やかに交流するといいでしょう。会話ややりとりが楽しめる時期でもあります。色んな人の意見に耳を傾けると意外な発見があるかも。

射手座
一人の時間が充実しそう。自分の中でこれと思う物に熱中することで、カタルシスのような浄化作用が生じる人も。或いは自分の内面の奥深くで、ぐるぐる渦巻いていた疑問やひっかかりを放っておかずに向き合う事で、逆に開放されるということにも。とことん沈みこむことで、来月からスッキリした気分でジャンプできるはず。

山羊座
未来を考える時に、単独で考えるというよりも、誰かとのシェアが大事な課題になる山羊座もいそう。誰かとの共有物、財産。共同事業やともに運営している何かについてかもしれませんが、シェアしている何かをどうするか?ということを通じて未来を考えることになる山羊座もいそう。自分にとっての大事な「価値」あるものは何か?。本当に大事なことはなんなのか?今一度考えることが鍵になりそう。

水瓶座
軽やかに見える水瓶座ですが、自分の役割に関してはタフに努力して、深く深く掘り下げます。その姿勢が単独の個性となり周囲に認められることになるのです。今月はそうしたあなたの能力が周囲に認められたり、その能力を踏まえ責任ある仕事を任されたりすることになるかも。プレッシャーもありますが、充実しや時間をすごせそう。

魚座
向上心が鍵になりそう。自分なりの高い目標を掲げて粘り強く取り組む事ができれば、新しい未来のビジョンが見えてくるかも。或いは未来のイメージを元に目標を掲げて努力するケースも。どちらにしても充実した活発な時間をすごせそう。同じ志を持つ仲間と交流できるとより楽しめそうです。勉強会や研究会などに参加するのもアリ。

2021.09.30

”COCOの星の予報” 2021年『10月』12星座運勢 と 世の中の雰囲気

※『2021年10月12星座運勢』はこのページをスクロールて下に掲載してます。是非ご覧ください。

============================================

<2021年10月 星の流れと世の中の雰囲気>

6日  天秤座新月
7日  金星射手座入り
   冥王星逆行終了
11日 土星逆行終了
18日 木星逆行終了
19日 水星逆行終了
20日 牡羊座満月
23日 太陽蠍座入り
30日 火星蠍座入り
※アスペクトは記入してませんが文面には反映されています。

月の前半まではまだ、逆行天体が多かったり、太陽も金星も火星も居心地のよくない場所にある事も重なりものごとの停滞感、煮詰まり感はまだ雰囲気的に残っているでしょう。

気分的に思いつめたり煮詰まったりしやすい金星蠍座から、7日金星が射手座へ抜けると、気分的に晴れやかになる人が増えるかも。何処かへ出かけたい気持ちが湧いてきたり、夢や希望、向上心のようなものやチャレンジ精神が戻ってくるように思えるかも。

19日までに金星・冥王星・土星・木星・水星と順に逆行から順行に転じると、色々なものが前向きに動き出した実感が得られそうです。ただ、下旬には太陽と火星が蠍座入りします。蠍座は物事の本質を浮き彫りにする性質がありますので前向きに動き出すことでみえてくるリアルな現実や事実があるかも。

天秤座にある太陽・水星・火星と水瓶座にある木星・土星が好角度を形成しています。先月と相変わらず、風の元素に星が偏ってる点が気になりますが、軽やかな交流や情報交換、意見の交わしあいが引き続き活発になりそう。天秤座が多いと多様な意見の比較検討が行われ、水瓶によってより客観的で、改革的な視点での判断が行われるかもしれません。

その流れのあと、蠍座に熱を帯びた天体たちが入る事で、物事をどんどん動かし根底から変化させたり、問題に踏み込んで物事を処理し為してく動きが起こるかも。

17日あたりから下旬にかけ、世の中で軌道修正や大きな転換が起こる可能性あり、
曖昧にしていたものがあればここではっきりするかも。

============================================

2021年『10月』12星座運勢

牡羊座
喧嘩っ早くて粗野な人が多い印象の牡羊座ですが、実は社交的で人付き合いは上手な人が多い。闘争スイッチが入れば猛突猛進で戦闘的な牡羊座ですが、社交モードの時は気さくで友好的、調和的に振る舞います。そのため、リーダーとして活躍する人も多いはず。さて、今月は対人関係がキーワードになりそう。人と通じて広い世界に目を向けたり、人脈を広げることで、未来の展開やビジョンを思い浮かべることが出来るようになったりするケースも。人と協力するほうが物事が発展するときなので、バランスと調和を意識して行動することが開運の鍵に。

牡牛座
五感にすぐれるため、物事を体で把握するようなところがある牡牛座、そのため自分の感じてることに対して実感を伴う確かな自信がある人が多く、そのことから頑固に見えたり、硬い意思をかんじさせるような人もいます。今月は誰かのためになる事を意識することが鍵になりそう。アナタの優れた感性を使い、どうしたら相手に喜んでもらえるのか?を考えながら行動することが開運の鍵になるはず。義務や責任が多くなる人もいそう。チャンスや機会に恵まれる暗示もありそう。大変でもここは頑張り時。

双子座
好奇心が強く変化を好む双子座。浅く広くな印象のある双子座ですが、新しい事や面白い情報は「人」からやってくるので、人に深い関心を持って関わることは多いはず。恋愛を通じて学ぶことが多いですが、恋愛の達人になる場合もあれば、逆に恋愛に理想を抱くが故に臆病になるケースも。今月はそんな双子座に恋の季節が到来するかも。興味をそそる異性との出会いやワクワクドキドキする出来事の暗示も。人との関わりを純粋楽しむことを心がけることが幸運の鍵に。

蟹座
今月の蟹座は少し内向的な雰囲気になりそう。外に出て色んな人に接するよりも、うちの中で心通う人とすごしたり、親戚や身内といるほうがシックリきそう。小休止な時期ととらえて意識的にオフィシャルな活動を少な目にして家時間を増やすのがおススメ。対外的な冒険やチャレンジは今月控えて◎。家を模様替えしたり、家族や恋人と自宅でちょっとしたカウチパーティーなどいいかも。

獅子座
人と交流することが楽しい時期かも。人から学ぶ時でもあります。人から得るものが多くありそうなので積極的にコミュニケーションを図ると◎。見知らぬ場所に出向いて、人とつながる場合は、情報を知らないということがプレッシャーになりそう。あらかじめ必要と思われる情報をリサーチしておくと、自信が持てるはず。何かを学びたいという意欲も高まりそうですが、まずはあれこれ情報収集してどの講座や学びがいいのか比較検討するところからかも。考えすぎるより感覚的に楽しそうと思うことに軽やかにチャレンジしてみて◎。

乙女座
あまり派手に動く時ではなく、じっくりしっかり足場を固めるような時期かも。自分の持てるもの、才能や財産。能力について考えことになるかも。周囲の事がきになると自信を失いがちなので他者との比較でなく、あくまで今までの自分やこれからの自分を考えることで評価すると◎。一つ一つ着実な成果を目指しコツコツするのがいい時期。家の模様替えをすると気分が晴れるので、に詰まったら是非やってみて。

天秤座
周囲との調和を考える社交的なてんびん座らしい個性が際立ちそう。人の目を気にしすぎると優柔不断になってしまうので、自分の判断を信じることも大事。種まきの時期になる人もいそう。まずは顔を覚えてもらうことを目標にするとOK.あらかじめ第一印象を意識して身だしなみすると、自信をもって行動できそうです。積極に打ち出したことがすんなり受け入れてもらえる幸運期でもあります。今まで言えなかったことがあればこの時期に口火を切ってみて。

蠍座
他には交えないような秘密の交流が必要な時期かも。オフィシャルな活動で関わりのないあなただけの特別な話が出来るヒトに逢いにいくといい時期。昔の友人や秘密の恋人。誰にも言えない友人などなど、、、日常から離れて避難所のような場所ですごしたり語ったりすることでリフレッシュできそう。こっそり占いにいくのもアリ?!。感受性が強まる時です。自分を心地よくさせてくれるものに積極的に触れることを意識すると◎。心乱されるような情報からは遠ざかろう。

射手座
友人との関わりが大事な意味を持つ時。あなたは色んなタイプの人と個別でそれぞれの個性や世界を尊重したつながりを維持することで自由な視点を得ることが出来るような面があります。今月は意識的にいろんなタイプの友人の意見を聞いたり関わることで、視野を広く持った、未来のイメージや自分の考えを構築することが出来るでしょう。当たり前といわれることや、自分が所属する場の慣例的なものとは、あえてちがう世界の人の意見や発想にふれると「はっ」とするひらめきを得られるかも。

山羊座
現実主義で責任感が強い人が多い山羊座ですが、実際人の上にたったり目立つポジションについた時には、その役割をスマートにバランスよくこなそうとするでしょう。今月はチャンスもありますが、何かとプレッシャーも多くなる暗示があり、目立つ役まわりに立たされる人も。自分の考えに頑固にこだわるよりも。バランスよく、いろんな人の意見を踏まえ調整役に徹するような気持を持つことで物事がうまく回るかも。表で見せてる顔とは裏腹に疲れが溜まりやすい時。一人の時間を意識的に確保することでリフレッシュできそう。

水瓶座
理想のようなものに従って行動する事が鍵になる時期。純粋なもの美しい様。そういったものに心動かされたり、そういうものを大事にすることが活動へのモチベーションとなるかも。叶えたかった夢へのチャレンジをする人もいるかも。細かいことよりも、物事の大局やそもそもの趣旨のようなことを確かめることでぶれない自分を確認できそう。久々に遠くへ旅行しようと思い立つ水瓶座も。新しい友人との出会いで視野がひろがる人も。

魚座
受け取ることが鍵になる時期。我を張るよりも、他者を受け入れることを意識することが開運につながる暗示。何かを教えてもらう、流れに従う、助けを受け入れるなどなど、発信ではなく、受信モードに切り替えると◎。集中力も高まりそう。あれこれと手を広げるより、何か一つのことに集中するほうがエンジョイできるかも。今月は無理せず仕事終わりにまっすぐ家に帰り、冬支度をしたり、家で手仕事をするのもOK.

=============================================

<2021年『年間』12星座別運と世の中の雰囲気>

2021年年間12星座運勢と世の中の雰囲気

=============================================

2021.09.01

”COCOの星の天気予報” 2021年『9月』12星座運勢 と 世の中の雰囲気

※『2021年9月12星座運勢』はこのページをスクロールて下に掲載してます。是非ご覧ください。

==============================================

<2021年9月 星の流れと世の中の雰囲気>

7日  乙女座新月
11日 金星蠍座入り(♎⇒♏)
15日 火星天秤座入り(♍⇒♎)
21日 魚座満月
23日 太陽天秤座入り(♍⇒♎)
27日 水星逆行開始(順行⇒逆行)
※アスペクトは明記してませんが文章内では反映しています。ご了承ください。

―――サインの移り替わりから――――

先月下旬から太陽と火星は乙女座いりしています。乙女座により物事を具体的に実行するとともにそれをきちんとに抜かりなく実行するよう促すエネルギーが強まり、ミスや矛盾、間違いを厳しくつつくようなピリッとしたムードです。今月の半ばまではその厳しいムードは続きそうです。

一方、天秤座に水星と金星が、木星と土星が水瓶座に位置しています。そして上記の乙女座にある太陽と火星も15日には火星が天秤座へ23日には太陽が天秤座に移動していきますので、下旬には風の天体が5つ。になります。風は情報とコミュニケーションのサインですので、多くの情報が行きかい、吟味し、きちんと考えようというムードになるでしょう。
天秤座に星たちが行きかうことから、物事をジャッチしようと喧々諤々と議論や意見交換する人が増えそうです。

水瓶座は慣例やローカルルールにとらわれず、みんなのために本当に必要なルールや仕組みを考えたり、より広く長く通用するような生き方を希求するフラット面を持ったサインです。水瓶座がより俯瞰した視点で社会や全体で物事を考えるのに対し、天秤座は個別の様々な個性に目を向け、関わった全ての個性と適度な距離感を保ちつつ、多様な個性を尊重しつつも比較検討しながら、もっとも正しい在り方や判断を下そうとするサインです。

その二つが合わさることで、
過去の慣例や偏見などを超えて、より、それぞれの個性や個別の事情を尊重した上での、よりよい判断やルール作りの実行に世の中の意識が向かうかもしれません。或いはよりフラットに平等で自由を尊重しあうものを希求するおもむきです。

一方、金星だけが9月11日頃から蠍座に移行し、より濃密により踏み込んだものを好まれるムードが強まるでしょう。金星は感性や喜び、心地よさを求めたり、恋したりなどを表しますので、もう表面的なものでは満たされない!という声が聞こえてきそう。リモートでなく実際に逢いたい、話したい。触れ合いたい、という心の動きのようにも思えます。

―――アスペクトの流から――――

前半乙女座の火星に山羊座の冥王星が120度を形成し、取り掛かってるもの事をパワフルにどんどん実行していく強さを感じさせます。17日には冥王星は太陽と120度を形成し、より目的を具体的に実行するタフなムードが続きます。

<サインの流について>でも書きましたが、天秤座星と水瓶座の星たちが120度の高角度をとり、きちんと考えようというムードを経て
中旬には太陽に天王星がアクセス、そのあとには海王星が好角度で接触し
より新しい冴えたアイディアが出たり、今後のビジョンや夢のようなものが見えてくる時期かも。

ビジョンが明確になると同時に
必要なものは何?これをして何になる?本当に大丈夫?
と実利性や結果を問うムードがあり、
ただパワフルに進むだけではない慎重さが出てくる時期に。

そのうえでより吟味し、
方向性を定めていく。
そんな印象です。

下旬には太陽や火星に土星がアクセスし、
方向性が定まり
より着実に現実的に物事を実行したり、
吟味の上、方向性を固めたルールや方針を
無駄を削ぎながら実行するような
厳密な実行力をかんじさせます。

—————————–

と流れをざっと書きました。
理念的にみんなの平和を考えて物事を決定し実行していくムードになればいいなぁと
今月のホロスコープをみて感じましたが、気になるのは風に偏る面。フラット考えたつもりが理念的すぎて逆に偏ってしまう…なんてことが起ることには注意が必要かも。

感性や感覚を忘れない姿勢が本当にバランスのとれた決断につながりそう。
天秤座過多になると、怒りや争う姿勢を嫌うムードが強まります。主張が正しくても、闘争的すぎると受け入れてもらえない懸念が強まるので、表現方法は柔らかさとクールさを意識するといい時期になりそうです。

============================================

2021年『9月』12星座運勢

牡羊座
対人関係が鍵になりそう。普段は直感に従って新しいことに向かって誰よりも先にチャレンジに踏み出す勇気をもった牡羊座ですが、今月は自分のパッションやひらめきは少し抑えて。周囲の求めていること、今必要とされていることに意識を向けることが開運の鍵になりそう。

牡牛座
仕事が鍵になるかも。誰かの役に立ちたい気持ちと、自分の思うままに好きにしたい気持ちと両方ある時期。自分の能力や個性を理解した人のニーズに応える形で、相手の要望にそいつつも自由に作ったり作業したりできる。そんな状況で満たされる時期。

双子座
家の中で好きにのびのびしてる双子座がいそう。遊び心はありますが出歩くよりも家でこまごまと楽しむことでエンジョイ出来る時期。インテリアで遊んでみるもよいかもしれません。家にいつつも誰かと会話したい!という気持ち強まりそう。リモートやネットのコミュニティーを活用すると◎。

蟹座
身内との付き合いに意識が向かいそう。急に人と話したり交流したい気持ちが高まるかも。気分は内向なので軽やかな交流とはいかないので、気心の知れた仲間や友人、人によっては家族など、自分の内面や深い話をしてもOKな人を選んで連絡するのがおススメかも。家のことで忙しくなる蟹座もいそう。

獅子座
金運は上々、入って来るお金もありますが、出ていく時期でもあります。近場でウロウロして食事や細かいことで気が付いたらお財布が空、なんてことも。意識的にお金の管理をするといいかも。人との会話や交流が楽しめる時期ですが、節度を守った堅実さを意識すると◎。

乙女座
細やかで物事を具体的にきっちりと行える乙女座のいい面を発揮することができそう。大局を見るより、細かい事の差異とか、微妙な違いに敏感な時期でもあるので、細やかさが必要作業をするのがおススメ。整理整頓をしたり計画を立てるのにも良い時期。見落としのない計画を立てられそう。誰かの秘書や補佐的な役割では活躍するはず。

天秤座
ジャンプの前のしゃがみ込みのような時期かも。一人の時間で試行錯誤したり自分の気持ちを確かめたりすることが大事な時期かも。中には隠れていた怒りや悲しみがふつふつと湧いてくる人もいそう。ひっそりと自分の負の気持ちと向き合いそのフラストレーションをエンジンにしてジャンプするといいはず。下旬には動き出せそうですが、自分の本心に気づかないふりをしていると、意図しないところで怒ってしまったり失言したりして後悔するかも。この9月のうちにしっかり自分とむきあって◎。

蠍座
未来を見据えて計画をたてるのに適した時期かも。今所属してるコミュニティーや組織の範囲で発想するのではなく、より客観的で遠くまで見据えた、ビジョンを考えることが今後の開運の鍵になるかも。周りの影響を遮断して自分の考えに集中する時間の確保が大事に。会社の同僚より仲間や友人との関わりがインスピレーションや助けになってくれるはず。

射手座
活躍の機会がありそう。会社や学校でもあなたの能力が光り成果を出すことができるでしょう。周囲からの注目も集まるかも。視野を広く持つことが鍵なので、「今ここ」の範囲をあえて逸脱してみるのも大事。外からの視点があなたを助けてくれたり突破口になる暗示も。プライベートは秘密の楽しみを持つと癒されたり活力回復につながるはず。

山羊座
向上心を持って行動したことが結果につながりやすい時。漠然とすごすより、目標や夢をしっかりと意識して行動することが大事かも。仕事のチャンスに恵まれ成果を出せる時期でもあります。プレッシャーもありますが、ここは頑張り時と頑張って◎。金運も上々です。

水瓶座
何かと結びついて我を忘れる事が鍵になりそう。それは恋人かもしれませんし、仕事や研究、趣味かもしれません。自分以外の何かに熱中して自分を忘れて目的や相手の事に集中することで、ワンランクアップする時期といえるでしょう。そのことで気づきを得るケースもあるでしょうし、新しいステージに立った気がする人もいそう。

魚座
対人関係から大きな影響をうけることになりそう。相手のために細やかなケアをしたりあれこれ気遣ったりする機会が増えるかも。家族や親友など深いつながりを感じる人の役にたつことで充実感を感じることができるでしょう。あなたの繊細な感受性を生かして大事な人を支える時かも。ただ、感受性が強まる分ナーバスになりやすいので注意が必要です。相手を助けるはずが逆に相手によりかかるはめにならないように自分の感情に自分で責任を持つ覚悟を。

=============================================