2020.01.25

2月1日までの予約受付は終了致しました。

おかげさまで
2月1日(土)分までのご予約受付を全て終了致しました。

セッションのご予約をご希望の方は
2月3日(月)からの日程でご予約下さいますようお願い致します。
( ※日曜祝日は定休日となっております)
ご了承下さいませ。

空き状況は、随時変動していきますので
詳しい空き状況は「予約について」のページ内にある「セッション空き状況カレンダー」をご覧ください。

なお、キャンセルなどが出た場合の空き状況も「セッション空き状況カレンダー」に随時反映しますので是非ご確認ください。

2020.01.22

”COCOの星の天気予報” 2020年2月 月間12星座運勢

2020年世の中の雰囲気と年間12星座運勢

『2月』月間12星座運勢

<全体>
前半は所属するエリアの外側からフラットで公平な在り方でいようとする水瓶座の太陽に自由に大胆に行動したい射手座の火星が後押しして、テリトリーの外に出て伸び伸び行動する人が増えていたり、自分が所属する場のローカルなルールや視点にとらわれず広い視野を持とうとする雰囲気になりそうです。16日に火星が山羊座に入り、後を追うように太陽は魚座へ移行すると、自分の所属する場所で自分をどう発揮して何をなすのか?ということに焦点が移りそうですので16日を境目に意識を切り替えるといいでしょう。ただ裏腹に3日から水星が魚座に入ると思考がぼんやりしたり漠然としやすいので、具体的に結果を出したい雰囲気に対してつかみどころのないやり取りが増えるかも。逆にそれを逆手にとって直感や気配のようなものを重視すると物事がうまくまわりやすいとき。

<各星座運勢>

牡羊座
前半は生き生き伸び伸びと軽やかに行動し、仲間や友人との交流も自由に活発なものになりそうですが、16日を境に空気が一変。結果を出す事を意識した活動を求められて少し緊張が走りそう。無意識にある気持ちの動きが大事なとき、無意識でした行動や発言に翻弄される暗示も。忙しくても一人の時間をつくって内省する時間を持つと意識や心が安定しそう。

牡牛座
前半は自分の好きなこと心地よい事に集中すると生き生き伸び伸びした気分になれそう。後半はそうして温めた自分の何かを引っ提げて更なる高みを目指して行動するといい時期。
テリトリーの外に出ての遠征や旅もおススメ。貴方が周囲に提供するものや事柄が周囲にとても新しい新鮮なものとして映りやすいとき。また自分を提示することで新しい知り合いを創る事にもつながる可能性も。

双子座
対人関係が熱いときです。貴方に議論を振って来る人がいたりして何かとカッカとする時期かも。後半になるとそうしてカッカとした相手がワクワクと一緒に盛り上がる事のできるになるかも。いっぽう、仕事やオフィシャルな面でいろんな人と接する機会がありそう。前半は少し混乱気味ですが、後半はつながり合いの中で新しい目標が見つかる可能性も。

蟹座
前半は義務ややるべきことが多くて奔走しそうな暗示。少し浮き沈みもあるので、やる気になったときはパワフルに、やる気のないときは怠惰に…と波がありそう。後半は対人関係と向き合う必要が増えそう。気持ちを引き締めてしっかりと『安定感』をもって振る舞ったり向き合う必要がありそう。優しい気持ちがあり人の役に立ちたいと思っているのですが少し敏感になりすぎるかもしれません。温泉にでもつかってぼーっとすると心が落ち着きそう。

獅子座
前半は対人関係で自分を表現したりアピールしたりしたい気分が高まりそう。或いはワクワクしたり楽しいことややりたいことを優先して行動する獅子座が多いでしょう。しかし、後半になると一変して、義務ややるべきことがやってきて、もくもくと仕事をする必要に迫られそう。向上心や新しい目標を抱いたりするとワクワクと楽しい気持ちになれるとき。でも忙しいときなので新しいことへ向けた行動は出来ないかもしれませんが、感性や感覚は新しい未来へ開いた気持ちでいるといいでしょう。

乙女座
前半は家の事で何かと忙しそうな時期。引っ越しする人がいたり、単に家に仕事を持ち帰ってきて家で行う作業が多い時期の人も。後半になると、吹っ切れたように遊びにでかけることが出来そう。対人関係が賑やかで、飲みの会などが増える暗示。うっかり物言いが辛辣になりやすいときなので、飲み会での言動には気を付けて。

天秤座
前半はコミュニケーションや自己表現に熱が入りそう。対人関係での新しい刺激に心がときめいたりワクワクすることもあるかも。後半は家で必要のないものを捨てたり整理したり、しっかりした環境を整備するといいかも。仕事で人の気持ちや意思に振り回されやすく自分の責任でない仕事を抱えてしまって混乱する暗示も、自分へのいたわりを忘れないことが大事。

蠍座
稼ぐことにエネルギーを注げるとき。営業職の人などはモチベーションが上がりそう。また自宅でいるよりホテルですごすほうが落ち着くかも。或いは自宅をホテルのように無駄のない空間に整えるのもおススメ。後半は心が開く時期になり、周囲の弱さや心の機微を感じ取って共感したり、蠍座のやさしさが現れるとき。

射手座
前半は射手座らしさが全開で、冒険心や勇気、闘争心に富み。思い切って行動できそうなとき。新しいチャレンジに燃えてる人もいるかも。後半は自分の持ってる基盤や資質を意識して固めるといい時期に。一方、家やルーツについて思いを馳せる時期でもあるかも。地元との神社に参拝したりするといいインスピレーションがやってくるかも。

山羊座
前半は人に言えない怒りや苛立ちを感じることがあるかも。その怒りに無自覚だと、逆に周囲から迷惑をかけられたりする可能性も。おススメは庭や人の迷惑にならないところで、皿を思いっきり割ったりすると浄化作用が働いて自分を保護できるよ。或いはカラオケボックスで「コノヤロー!」と叫ぶのもよし。後半には先頭ムードで物事に立ち向かい切り開く力がみなぎりそう。自他の責任がごっちゃになりやすい時なので自他の区別やテリトリーの一線を意識して◎

水瓶座
前半は仲間との交流が盛んな時期。自分にとって営利と関係のない集いで積極的に活動しそう。周囲からもクールで行動的な姿が魅力的にみえるかも。後半はひっそりとした時間が大切に、あまり表方には回らず、物事を後ろから支えるようなポジションだとしっくりいきそう。水瓶座のもってる周囲と電波のような共鳴の糸でつながるような資質が生かされるとき。

魚座
晴れ舞台で活躍するような季節。会社で自分が声を上げて率いるような場面があるかもしれません。ただ、それは魚座の人の主体的な意思‥というよりは、周囲の感情やエネルギーに共感したり共鳴した結果、あなたが声をあえることになる。ということが起こりやすいとき。後半も仲間と言える人との活動に焦点があたり活発に。或いはメリットになる居場所やコミュニティーを得ることになるケースも。

2020.01.20
2020.01.14

2020年 魚座 運勢

「仲間を創ることで立場を強くできるとき。改善案は一呼吸おいて主張を。」
仲間を創ることで自分の立場を強化するときです。何かの活動に参加すると世の中を渡っていく力がついたような気がするときかもしれません。既に活動のある人は、その活動のジャンルはなんであれ活動が軌道に乗りチームとしてなかなかプロフェッショナルなレベルになっており、グループとして一目置かれるかもしれません。春になるとなぜか今までの仲間のやり方に不満や疑問がわいてきそう、思い切って改善案を提案したくなるかもしれませんが、それが向上することにつながる提案であることや、具体的なメリットになることであればオーケー。漠然とした怒りや興奮は一呼吸おいて、穏やかに。
仕事運
「前半はお金より目的重視、夏以降は稼ぐために燃えることができる。暮れには一人の時間を大切に。」
年明けは、未来のビジョンや一緒に働く人どうしの連帯や共通の意図のようなものがないと、あまり働く意欲がわかないかもしれません。逆にそうしたものがあればあまりもうからなくてもやる気が出そう。夏になると一転して「稼ぐために働く」意欲がわいてきそう。年末になると急に、何にも縛られない自分の時間が欲しくなるので、アルバイトでエンジンをかけるなら夏から暮れまでがおススメ。

2020年 水瓶座 運勢

全体運
「コンプレックスを乗り越え一皮むける一年に。夏以降は新しい情報を止めて情熱的に学びそう」自分の心の奥深くにある罪悪感やコンプレックス、重くのしかかる心の傷のようなもの、そうしたものが心の奥深くでものすごく重たく大きくなって、いくところまで行きついて、そしてブレイクスルーして突破するような、本人にしかわからないようなそんな大きな内面の変化が起こる一年となりそうです。春には新しい自分が顕わになり始めます。夏になると、新鮮な好奇心があれこれとわきはじめ知識欲が旺盛になり新しい情報を積極的に求めるようになったり、コミュニケーションを積極的に求めるようになるでしょう。また議論しやすい時でもあります。言い合いになると闘争的になりやすいので、ヒートアップしすぎないよう注意が必要です。年末には完全に一皮むけた水瓶座になって新しい時代の牽引者になる可能性も。

仕事運
「新しいものへ向かって動くとき。素直な振る舞いが逆に環境に変化を与える」
鋭い知性が光るときです。今まで過去の上手く行かなったことに囚われて、前に進むための努力を怠ってきていたとしたら、今期は決壊するようにエネルギーが反転して、新しい技術や情報の吸収に動き出します。乗り出すと非常にクリエイティブにそして様々な情報をフラットに吸収し、まっさらになって物おじせずに新しいものを吸収しますが、分からない事や疑問などは立場の上下や自分がどうみられるか?などは気にしないでズバリと質問したりするかもしれません。それが逆に上司や先輩の能力の欠点をあらわにしてしまったり、組織のいびつさを浮かび上がらせることになるかも。何かしら環境に変化を及ぼすきっかけとなる可能性あり。