2019.09.26

10月28日新月に思う。

「月間ちょこっと12星座運勢10/28~11/26」

「月間ちょこっと12星座運勢9/29~10/27」

「9月29日新月に思う」

「2019年年間12星座運勢」

新月は一か月のサイクルのはじまりであり、この一か月の種植えの時期でもあります。この一か月はどういうエネルギーを秘めていてどう発展していく可能性があるのか?どのような方向にエネルギーを使うことが宇宙の流れに乗れるのか?星読みしてみました。

今月はチャート全体の雰囲気を象徴するASCが山羊座と水瓶座の境目付近に位置していて
札幌だと山羊座。東京だと水瓶座。日本の標準時間の測定地の兵庫県では山羊座となるのですが、私自身が今の世の中の雰囲気に変化を望んでいるのもあって、希望的観測としてより変化を生じやすい配置にある水瓶座がASCになる東京図で読んでいこうと思います。

<今月のポイント>
・今月は身近な情報やコミュニケーションをきっかけに、その場を牛耳る繋がりあいに異変が起こりやすい時期。
・必要のないつながりが壊れたり、亀裂を生じ、新たなつながりが形成されつつある可能性。
・前例や慣例に縛られず、新鮮な視点で本当に必要なことを考えて行動することが大事な時期。
・失敗したり傷つくことがあっても、そこから何が欠けているのか、今後の改善のためにどんな準備が必要なのか?など失敗した事実より、そのことを通じて見えてくる関係性や構造に目を向けて今後に備える意識を持つことが大事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では今月もホロスコープの要素を一つ一つかいつまみながら10月28日のホロスコープを詳しく読んでいきます。(東京図を参照。サビアンは数え度数を使用)詳しい解説には興味ないという方は上記の<今月のポイント>のみお読みください。

<東京図>

ASCが水瓶座だとするとチャートルーラーは天王星と土星。より古い考えでは水瓶座でも山羊座でも支配星は同じ土星になり、12ハウスの土星が全体を支配していることになりますが、現代占星術で考えると3ハウス天王星が支配していることになります。まぁ、どちらも考慮しつつも3ハウス天王星を重視して読んでみます。

3ハウスの天王星はコミュニケーションや身近細かな情報源をきっかけに人間関係に突発的な異変を生じやすく。それが今月の運勢全体を支配しています。そしてその天王星がターゲットにしているのが新月を含めた4天体集合した蠍座の星たちです。蠍座は深く深く結びついた関係性を象徴しており。その深い結びつきがカルミネートして頂点を表すMC付近に集合しています。

社会を牛耳ってる癒着した繋がりあいに亀裂が入る。そんな印象を受けます。
その蠍座の新月のサビアンは蠍座5度「大きな岩場の海岸」で大きな殻を打ち破り改革しようとする意志を現しますが、まだ歯が立たず挫折する様子を表しています。

その蠍座を支配する火星は天秤座16度「ながされてしまった船着き場」で個人の意思が調和を壊して発信されてバランスを壊し、何が正しいのかわからなくなったりして漂流する様子が描かれます。その火星に土星が90度で接触し、個人の意思やエネルギーが落とされてしゅーんとなることから、蠍座の殻を打ち破ろうとするエネルギーが撃沈して意気消沈するドラマが垣間見れます。

ただ、その発端となる。天王星3ハウス牡牛座5度「開いた墓の前にいる未亡人」は今まで依存してきた価値や恩恵が空っぽになり、いままでどうりでいられないギリギリのエネルギーから発した反乱に見えてきます。親の七光り。自分が作ったものでない何代目かの勢力、限りなくあると思われてきた地球という大地からの恩恵に甘んじた暮らしや価値の限界かもしれません。などはその力を失いつつあり、それぞれが新しい価値ややり方を自力で作り上げる必要性に促されるでしょう。

ただ、そもそも蠍座ステリウムであることを思えば。繋がりを作り上げる方向へ動くことが予想されますので、壊しても再編する。必要のないつながり合いを断ち切り、新たなつながりを形成する…という時期であるといえます。
しかし、チャート内の内惑星たちが全体的にデトリメントやフォールが目立ち、勢いの弱さが見て取れます。少し亀裂が生じたがまた癒着した古い大きな力を有した方の関係性に引き戻され吸収される可能性も。

それでも今月は既にある組織やその仕組みを今本当に必要なものは何か?或いはこの今の仕組みや考え方は今機能しているのか?もっと今必要なやり方はないのか?など深く深く考え、新しい舵をきりはじめる時期が到来する「予感」がします。ただ、この度で大きく変化するということではなく、まずはその取り組みが大きなものにぶつかり玉砕することもまた、今後の変化に向け必要なことを知る大事な手がかりとなるのです。

ではその今後の変化とはなんなおか?
今後の1年ちょいの大きな星のイベントをざっとかくと

今年の12月木星山羊座入りとともに生じるトリプルコンジャンクション。木星の山羊座入り木星冥王星土星が同じサインにそろい覇権争いの激化を連想させますが、年明けの土星冥王星0度のピークから離反に転じる動きから地響きのようなじりじりと変化してきた世の中の大きな変化のうねりが、まだゆっくりではありますがその変化の末路へ向け動きを変え始めます。

そして来年2020年12月の木星と土星のグレートコンジャンクションで時代が土の時代から風の時代へ大きく切り替わるのです。DRY&COLDで人間を孤立させてきた、物質を中心とした縦のつながりから、HOT&MOISTの風の時代へ。繋がり、横へ広がる、情報と融合を中心とした時代への本格的な幕開けです。

その変化が亀裂のようにひっそりと?!予感のように今月動き出します。

<今月のポイント>
・今月は身近な情報やコミュニケーションをきっかけに、その場を牛耳る繋がりあいに異変が起こりやすい時期。
・必要のないつながりが壊れたり、亀裂を生じ、新たなつながりが形成されつつある可能性。
・前例や慣例に縛られず、新鮮な視点で本当に必要なことを考えて行動することが大事な時期。
・失敗したり傷つくことがあっても、そこから何が欠けているのか、今後の改善のためにどんな準備が必要なのか?など失敗した事実より、そのことを通じて見えてくる関係性や構造に目を向けて今後に備える意識を持つことが大事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「月間ちょこっと12星座運勢10/28~11/26」

「月間ちょこっと12星座運勢9/29~10/27」

「9月29日新月に思う」

「2019年年間12星座運勢」