2020.01.14

2020年 蠍座 運勢

全体運
「独立スペースを創ると集中力が増すとき。後半は何かと忙しそう。体調管理を意識して」
今期は落ち着いた有益なつながりを望んでるので軽めの遊び仲間とは疎遠に。一方で家でも家族とは少し距離を取りたい時期かも。自分の能力を開発したい時期でもあるので、あえてホテルですごしたり、部屋の中に自分だけの独立スペースをつくると落ち着いて集中できそう。カップルもお互いのテリトリーをすみ分けした尊重しあう距離感が重要になるでしょう。夏からは半年間忙しくなる人も多く、突発的な発熱や体調不良を起こすケースもあるので、意識的な休息を心がける必要あり。

仕事運
「仕事のスキルを学びベースUPするとき。夏には新しい展開で奮闘!勝負強さあり。」
今の自分の状況や能力などをシビアにとらえ、これからさき生き抜いていくために必要な知識やスキルを身に着けようとするかも。仕事のベースUPとなるような資格や知識・情報を進んで吸収する蠍座も多くいそう。蠍座の集中力ならば無理目に思えた資格や勉強もクリアできるかも。春には新しい変化の風が、夏になる頃には新しいプロジェクトなどに着手することになったりして忙しく動きまわることに、苦手なことも出てきますが、勝負づよさがあるときなので運気は上々です。

2020年 天秤座 運勢

全体運
「春から変化の兆しが、熱いエネルギーを引き出してくれる出会いの予感も」
昨年あたりからジワジワと足元の変化や違和感を感じて来たとしたら、春には自ら新しい方向へ向け歩み出すかもしれません。それは新しい恋の到来かもしれませんし、新しい興味ある分野との出会いかもしれません。貴方の活力を引き出してくれる誰かとの出会いに腹の底から熱いものが沸きあがる体験をするも。そうして沸いたエネルギーを一気燃やしてしまうと破壊的になつたり燃え尽きたりも。エネルギーを上手く抑えていかに創造的に使いこなせるかが成功の鍵。
仕事運
「足元を見直し、固めた上で、ジャンプしたくなるとき。判断を急ぐのはNG」
より自分の基盤や帰る場をしっかりとしたものにするのが大事なときです。その仕事の基本やルーツ、その伝統のようなものを振り返り、よりプロフェッショナルな力を再度固めたいかもしれません。ただ春にはもっとこうしたい!こうすべきだ!或いはもっと向上して視野を広げたいという思いに駆られるかも。そして夏にはあなた自身「物申す」雰囲気になるでしょうし、衝突を辞さないモノ申す人がパートナーや相棒として急浮上してくるかも。白黒つけることを急ぎすぎるとトラブルに巻き込まれやすいときなので要注意!全体の成り行きを見定めてから結論を出す余裕と距離感を大切に。

2020年 乙女座 運勢

全体運
「真剣な遊びの季節に。”私のやりたいこと“を焦点を。」
乙女座は人のニーズに応えたりする細かい補佐的な能力に秀でた人が多いのですが、今年は、「私には何ができるのか?」「私のやりたいことってなんだろう」とか、私をいかに表現するのか?ということがテーマになりそう。しかし、率直に表現するのはあまり得意でない乙女座も多く、真剣に現実的にそのことに取り組みます。それはまるで遊びに真剣になりすぎるのに似ていて、気が付くとオタク的になったり、専門家のような感じになってしまうかもしれません。でもそれでいいのです。それが後に乙女座の武器に発展します。昨年に引き続き恋の季節でもありますが遊びの恋は出来ないときなので、慎重になりすぎてしまうかも。でも実らせる力があるので勇気を出して表現していきましょう。春からは好奇心であれこれと色々な事に取り組みそう、夏から半年は何かにのめりこむように熱くなるかも。
仕事運
「自分を生かした役割が見え始めるとき。夏からはその道へ向け能力を熱く磨こう!」
昨年から乙女座は、能力を試されているような圧迫感を感じていた人も多いかも。自分の能力を表現しようとしても、それがいかに必要されるかわからない圧迫と不安を抱えながらチャレンジしてきた乙女座も多いはず。乙女座は役割や求められることがハッキリしている方が自由に行動できる人が多いのですが、春には何かしら自分らしい能力役を使った役割やニーズがはっきりとつかめはじめ、そのことがヒントや突破口となりに伸び伸びと自由に行動できる道が見えるかも。夏には再び圧迫を感じるかもしれませんが、これが俺の道だ!と思える方向性へ向けエネルギーを燃やすように頑張ることになるでしょう。年末には自分独自の方法で軽やかスマートに仕事をする自分をつかめるかも。

2020年 獅子座 運勢

全体運
「健康に注意。知的な面での冒険や旅行はエネルギーを活性化する」
何かと忙しく良いこともありますが、同時にストレスも多くたまりやすい時期となりそう。体調を壊しやすいときなので意識的に息抜きや遊びを取り入れたり、忙しくとも、健康診断などはしっかり行ったほうがよさそう。春にはあなたに新しい可能性を運んでくれる新しい出会いの予感も、或いは新しい仲間が出来たりもして、新しい情報ややり取りが楽しく広がる可能性が、夏には向上心に燃え「これ」と思う何かに熱中する人も。専門的に学んだり、知的な面での開拓や冒険、知的向上心などの方向に熱意を向けるとエネルギーに乗ってワクワク進んでいけるかも。夏以降は旅行もおススメ特に研修旅行のような学びのための遠征には今期は最適なとき。

仕事運
「地味な時期だけど、誰かを輝かす側に回ることがいずれあなたの力になるとき」
まるで修行のような年になるかも。獅子座の支配星が太陽であるように、元来自分が中心となることで生き生きできる星座ですが、今期は自分のためでなく、仲間や会社のためのやるべきことに追われたり、或いは地道な雑事などに追われる事になったりして、地味な立ち位置となる可能性が高いかも。フラストレーションからつい人の粗を探してキツイ言葉をいいたくなるかもしれませんが、今は自らスポットライトを浴びることよりも、自我を抑え、誰かを生き生きさせるためにどうすればいいのか?など逆に自分が誰かにスポットライトを当てて誰かを生かす輝かすことに集中することができれば、いずれそれがまわりまわって貴方への評価や注目へとなっていくことでしょう。或いは未来の飛躍のための訓練や下準備の時間にあてると、今後のやくに立つでしょう。

2020年 蟹座 運勢

全体運
「厳しかった対人関係に突破の糸口が、遠くからの助けを受け取る事がカギ。」
ここしばらく対人関係で苦労したり、プレッシャーを感じる付き合いが多かったのではないでしょうか。そんな対人関係に出口が出てくるのが今年となりそうです。年明けは強烈なパートナーや相棒などの存在のニーズに手堅くしっかり応えることになりそう。ただ春になると、こうじゃなきゃダメだ!と思っていた関わりあいに新しい風が入ってきそう。それはもっと別のやり方があるという発見かもしれませんし、少しがんじがらめになっていた関係に「遠くから」の意見や知恵又は助けを受け取ことで突破口が見つかる。とかそんな事かも。ただ、そのプロセスにおいては手放すもの、失うものもあるかもしれませんので、自分にとって何が一番大事なのかをしっかりと見定めることが肝心です。蟹座はつながりの星。最も大事なつながりは何なのか?がカギになりそう。
仕事運
「新しい道を開拓する攻めの季節。身内意識にとらわれず合理的な視点を取り入れることが必要なとき」
身内か外部か?という線引きにとらわれやすい蟹座ですが、身内びいきばかりしてきたとしたら、そのつけが4月頃から出る暗示も。あえて身内意識にとらわれず、合理的な視点を取り入れることが大事な時期に。また、今年の蟹座は仕事や社会的な立場において攻めの時期となるかもしれません。特に初夏のころから半年間は自分の勇気と情熱を信じて新しい道を切り開く年になるかも。営業で新しい業界を開拓してみたり、今までやったことのない分野の事業を自分の部署で提案して立ち上げてみたりなど、あなたの後ろに道ができる、そんな季節になるかも?!転職もあり、7月からは強気で攻めてOK。ただ感情的に行動するとNGに、冷静になる工夫を。