2019.04.03

4月5日 新月に思う。

⇒今月の「ちょこっと12星座運勢とヒント(4/5~5/4)」はこちら

この度の新月はだいぶん前に分析済みだったのだけれど、色々な要素があって、言語化に随分時間がかかってしまったけど、なんとかUP! 

ーーーーーーーーーー

新月は一か月のサイクルのはじまりであり、一か月の種植えでもあります。
また春分点後のはじめの新月ということで、本格的な今年のはじまりを感じる時期の到来です。
この一か月はどんなエネルギーを秘めていて、どう発展していく可能性があるのか?
どのようにエネルギーの方向を使う事が宇宙の流れにのれるのか?

<全体的なテーマ>

★対人関係でいかに自分をオープンにしていくのか?というテーマがある時期。
  
新しい始まりを前に自分をさらけだしても受け入れてもらえるか?人から自分はどうみえるのか?
という視点が強く働いて、自分を開くか閉じるか迷う人が多い時期。

人と人がお互いのテリトリーに踏み込んで、壊したり壊されたりしながら理解を深めたり、大事なものを受け取る時。
抵抗を感じたり、傷ついたり、腹が立ったりもあるけれど、痛みながらも消化していく。
しっかり痛みと向き合うことで逆に癒されていくとき。深刻にとらえず楽しみながら軽やかにふるまうこと。見ないわけでもなく、考えすぎるわけでもなく、しっかり胸の抵抗感とか痛みを感じ切ることが開運のカギ。

さらに、対人関係では異変とか新しいものが入ってきやすい時期。

今までの価値観や当たり前が覆されるような刺激が出会いに生じやすい時。
既にある仲間うちとか輪の中にまったく違う価値観をもった人が入って来て、中には「こうであるはず」「こういうものでしょ」という自分の思う常識や慣例が通用しないケースもあり、その事で頭がフリーズするような感じになったりも。この人にどう対応しよう、と思うとともに、視点が今まで知らなかった世界や視点へと広がるきっかけになる場合も。

いろいろ、痛みも抵抗も驚きも迷いもありそうだけど
それを乗り越えて自分を開いていけたなら喜びにつながる予感。
なかには圧倒されて積極性や主体性を一時的に失ってしまう人も
無理に頑張らない自然体の私でいることが開運のカギ

★仕事の場(或いは、やらねばならない義務や訓練の場所)で自分の頭をどういう使い方をするのかが、この一か月の運気の分かれ道になる。

はっきりしない流動的な状況で働く人が多いでしょう。
混乱した状況が予想されるので物事を予定や想定通りにかちっかちっととらえたい人や変化を嫌う人には厳しい時期。直感的に臨機応変にいこう!ということであれば、この変動していく足元の変化と連携がとれていくでしょう。

また、膨大な情報量がやってきて処理する必要性に追われる人がふえるでしょう。テリトリー内に範囲外のものがドーンと大量に入ってきたりも。ただその情報は「準備段階ですよー」「まだこれからのための情報ですよー」ということなので、
今の段階で解釈固めてしまわないで、今後へのビジョンを膨らませていくような感じに受け止めていけるといいでしょう。

~占星術的特徴~
Asc 天秤座 
7ハウス ♈16度「日の入りに踊ってるブラウニー」;太陽月新月×4ハウス♑土星冥王星0度がスクエア
7ハウス ♉天王星
チャートルーラー5ハウス金星
8ハウス♊火星×6ハウス♈キロン 
10ハウス♋ドラゴンヘット×土星冥王星オポジション
6ハウス ♓水星海王星0度×4ハウス♑土星冥王星0度がセクスタイル
6ハウス ♓水星×3ハウス♐木星
など…
※東京図と札幌図、双方参照して解釈しました。

ーーーーーーーーーー

<まとめ>

対人関係に焦点があたり、新しい人、刺激的な人との出会いが色々あります
そこでいかに自分を出していくのかがテーマ。
どうしていいのかわからず積極性を失ってしまう人もいるかもしれないが力を抜いてみたら見えてくるものがあるはず。
自然体でいることが開運のカギ。
状況が流動的になりやすい年度初めです。
合理的にとらえすぎたり、きめにかかろうとしないで
直感的に臨機応変でいて、今後のビジョンをやわらかく形成していく準備期間ととらえるといい時期。

おまけ…

土星と冥王星のコンジャンクションという大きな動きは、来年の1月まで行きつ戻りつしつつも接近して、そのあと離反していきます。つまり、オリンピックイヤー前までに、日本だけじゃなく世界中で、国や社会や組織の土台といえるようなものが大きく変化するピークとなります。オリンピックの年には「そういえばいろいろ変わったねー」と語らうことになるかもしれませんね。

そんな変動の一年が本格的に動き出しました。
柔らかく!新しい時代の流れにのっていきましょう!

⇒今月の「ちょこっと12星座運勢とヒント」はこちら

⇒2019年の「12星座運勢」はこちら

2019.03.19

3月21日春分(満月)に思う

<2019,3.21.6:58 春分の占星術的特徴>

・12ハウス☉♈×キロン0° 太陽牡羊座へのイングレスとキロンコンジャンクション
 ☉♈×♍☽180°(10時42頃に♎満月へ))

・ASC♈×♅0° アセンダント牡羊座と天王星のコンジャンクション(北海道はASC♉)♂は1ハウス

・♉♂×♑♄♇×♓☿♆ の小三角
 MC♑×♄♇0° MC山羊座×土星冥王星コンジャンクション(かなりオーブざっくりな0°)
 12ハウス♓☿♆0° 魚座水星海王星0°
 ☿は3/28まで逆行

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここ最近は満月新月について書いてきたけれど
今回の満月は春分と同じ日ということだったので
今日は春分図を読んでみようと思う。

春分図というのは占星術でいうところの新年のようなもので
この一年間のサイクルを一巡りして
またゼロから新たにスタートする日の事をいい、
主に一年間の全体的な雰囲気、所謂「どんな年?」というようなことを占ったりするのに使います。
(一年で使う場合もあるし、春分からの3か月間の主な運勢として見る場合も)

満月は種を巻いたことが目を出し膨らんで結果となって目に見える形で出現するようなエネルギーを秘めており
この春分が満月と重なる、ということは
今年(或いは今後3か月)は何かしらの成果や結果が出やすい年。となるのかもしれません。
いままで思ってきたことや過去に種まきをしたこと、準備してきたことなどが
ハッキリと現象となって、対峙することになる時期となるのかも。
天秤座で満月が起こることからすると、出会いとなって対峙する人は多いでしょう(卒業、入学式シーズンですしね)

アセンダントは牡羊座で天王星と0度MCには土星と冥王星の0度
となにか人前に見せる顔のようなものが新しくして変えていく時。
しかも土台となる仕組みのような大きなものの変化がその顔に貼りついているあたり
じわじわと変化してきたものに対して「変わりましたよー」とハッキリ公言して歩み出した
そんな印象があります。

日本の元号が変わることを連想しますが
北海道ではASCが牡牛座にくること、そしてその支配性の金星は11ハウス水瓶座にあることを思うと
色々あったけど、未来を見据えて新しい気質的な魅力を北海道を開拓して行こうと、
変化の更にもう一歩既に先を歩んでいるようなそんな感じがします。

12ハウスにある魚座水星海王星は、なんだかあの世から声が聞こえてきそうな気配がします。
単純に解釈するなら夢やビジョンというのでしょうが
12ハウスでもあり、魚座海王星12ハウスと同質のエネルギーが3重に重なると
それはただの夢ではない
もっと現世を超えたエネルギーのようなものを感じてしまいます。

そしてそれを後押しするように背後で
山羊座冥王星と牡牛座火星の120度がからまり小三角を形成していて
とてもとても現世的なエネルギーが後押ししてるという

形の無いものを受けっとて、形あるものにしていこうという強いパワーがバックUPしているという面白さ、

これは一体どういうことかなぁと考えてしまうんだけど、

私たちのコントロールを超えたあの世のむこうのエネルギーをもってして
私たちは「何者です」という看板を付け替える。
そして、それはものすごいパワーでもって具現化していく

そんな感じがします。

ただ気になるのは
この牡羊座に入る太陽とオーブ2度で重なるキロン。

キロンというのは小惑星の一つで
土星と天王星の軌道にまたがる軌道を周回しています。

私たちを成り立たせている制限でもあり、守ってもいる土星を超えて
もっと普遍的な宇宙の法則を天王星とその向こうから持ち込んでくる
そんな星です。

キロンはここしばらく順行逆行を繰り返し、魚座に戻ったり牡羊座に入ったりを繰り返しましたが、
この度(2月8日でしたが)やっと本当に牡羊座を超えていきました。
新しいサイクルのスタートにむけ
慣らし作業でもしていたような印象があります。

キロンにしろ
水星海王星にしろ
はじまりの前を象徴する魚座や12ハウスのエネルギーというのは
善悪や白黒など二元的な世界観を混沌としたなかで統合していくようなそんな作用を持っています。

ここ数年
想像もしてなかった変化の中で
土台となっていたはずの様々のものが変化したり壊れたり
そしてその中で
様々の善悪やいい悪いの尺度、常識の在り方など
あったはずのものが失われ変化していく世界。価値観の変化を
混沌とした中で
吸収し、自分の中へとそれぞれが統合していくプロセスであったと

土星と天王星の間にあるキロンは
そんな変化のさなかにあった私たちの傷と癒しを象徴しているかのようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過去によりどころとしていた世界を手放し
或いは…既に世界が「変わってしまった」こと受け入れて
新しい世界を迎え入れていく始まり。そしてその新しい世界を実際に目にするであろう事を暗示する。

そんな春分日であり満月の日。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

思い切り深呼吸して
この世界にしっかりと立っている自分を実感する
自分の中に充満した新しく素晴らしいエネルギーを感じて
生きてることに感謝をしよう

「2019年12星座運勢」はこちら