2019.03.19

3月21日春分(満月)に思う

<2019,3.21.6:58 春分の占星術的特徴>

・12ハウス☉♈×キロン0° 太陽牡羊座へのイングレスとキロンコンジャンクション
 ☉♈×♍☽180°(10時42頃に♎満月へ))

・ASC♈×♅0° アセンダント牡羊座と天王星のコンジャンクション(北海道はASC♉)♂は1ハウス

・♉♂×♑♄♇×♓☿♆ の小三角
 MC♑×♄♇0° MC山羊座×土星冥王星コンジャンクション(かなりオーブざっくりな0°)
 12ハウス♓☿♆0° 魚座水星海王星0°
 ☿は3/28まで逆行

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここ最近は満月新月について書いてきたけれど
今回の満月は春分と同じ日ということだったので
今日は春分図を読んでみようと思う。

春分図というのは占星術でいうところの新年のようなもので
この一年間のサイクルを一巡りして
またゼロから新たにスタートする日の事をいい、
主に一年間の全体的な雰囲気、所謂「どんな年?」というようなことを占ったりするのに使います。
(一年で使う場合もあるし、春分からの3か月間の主な運勢として見る場合も)

満月は種を巻いたことが目を出し膨らんで結果となって目に見える形で出現するようなエネルギーを秘めており
この春分が満月と重なる、ということは
今年(或いは今後3か月)は何かしらの成果や結果が出やすい年。となるのかもしれません。
いままで思ってきたことや過去に種まきをしたこと、準備してきたことなどが
ハッキリと現象となって、対峙することになる時期となるのかも。
天秤座で満月が起こることからすると、出会いとなって対峙する人は多いでしょう(卒業、入学式シーズンですしね)

アセンダントは牡羊座で天王星と0度MCには土星と冥王星の0度
となにか人前に見せる顔のようなものが新しくして変えていく時。
しかも土台となる仕組みのような大きなものの変化がその顔に貼りついているあたり
じわじわと変化してきたものに対して「変わりましたよー」とハッキリ公言して歩み出した
そんな印象があります。

日本の元号が変わることを連想しますが
北海道ではASCが牡牛座にくること、そしてその支配性の金星は11ハウス水瓶座にあることを思うと
色々あったけど、未来を見据えて新しい気質的な魅力を北海道を開拓して行こうと、
変化の更にもう一歩既に先を歩んでいるようなそんな感じがします。

12ハウスにある魚座水星海王星は、なんだかあの世から声が聞こえてきそうな気配がします。
単純に解釈するなら夢やビジョンというのでしょうが
12ハウスでもあり、魚座海王星12ハウスと同質のエネルギーが3重に重なると
それはただの夢ではない
もっと現世を超えたエネルギーのようなものを感じてしまいます。

そしてそれを後押しするように背後で
山羊座冥王星と牡牛座火星の120度がからまり小三角を形成していて
とてもとても現世的なエネルギーが後押ししてるという

形の無いものを受けっとて、形あるものにしていこうという強いパワーがバックUPしているという面白さ、

これは一体どういうことかなぁと考えてしまうんだけど、

私たちのコントロールを超えたあの世のむこうのエネルギーをもってして
私たちは「何者です」という看板を付け替える。
そして、それはものすごいパワーでもって具現化していく

そんな感じがします。

ただ気になるのは
この牡羊座に入る太陽とオーブ2度で重なるキロン。

キロンというのは小惑星の一つで
土星と天王星の軌道にまたがる軌道を周回しています。

私たちを成り立たせている制限でもあり、守ってもいる土星を超えて
もっと普遍的な宇宙の法則を天王星とその向こうから持ち込んでくる
そんな星です。

キロンはここしばらく順行逆行を繰り返し、魚座に戻ったり牡羊座に入ったりを繰り返しましたが、
この度(2月8日でしたが)やっと本当に牡羊座を超えていきました。
新しいサイクルのスタートにむけ
慣らし作業でもしていたような印象があります。

キロンにしろ
水星海王星にしろ
はじまりの前を象徴する魚座や12ハウスのエネルギーというのは
善悪や白黒など二元的な世界観を混沌としたなかで統合していくようなそんな作用を持っています。

ここ数年
想像もしてなかった変化の中で
土台となっていたはずの様々のものが変化したり壊れたり
そしてその中で
様々の善悪やいい悪いの尺度、常識の在り方など
あったはずのものが失われ変化していく世界。価値観の変化を
混沌とした中で
吸収し、自分の中へとそれぞれが統合していくプロセスであったと

土星と天王星の間にあるキロンは
そんな変化のさなかにあった私たちの傷と癒しを象徴しているかのようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過去によりどころとしていた世界を手放し
或いは…既に世界が「変わってしまった」こと受け入れて
新しい世界を迎え入れていく始まり。そしてその新しい世界を実際に目にするであろう事を暗示する。

そんな春分日であり満月の日。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

思い切り深呼吸して
この世界にしっかりと立っている自分を実感する
自分の中に充満した新しく素晴らしいエネルギーを感じて
生きてることに感謝をしよう

「2019年12星座運勢」はこちら

2019.01.02

2019年 12星座 運勢

2019年の運勢です。

12星座の各運勢は全体運と仕事運のみです。
年内で時間が出来たら恋愛運なども書くかもしれませんが
今のところはここまでで。

記事後半に「世の中全体の雰囲気」も掲載してます。
是非ご覧ください。

よろしくお願いします。

<12星座運勢>

牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
乙女座
天秤座 
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座

————————————–

<世の中全体の雰囲気>

変わりようのないはずのものが動く時期です。

社会の仕組みや限界だと思われていたものを正攻法で超えていく、或いは変えていくために
正々堂々と戦ったり議論したりするような。

少年漫画の世界のような純粋なやりとりで
この世界をどうしていけばいいのか正面切って考えて超えていこうとするようなそんな雰囲気があるでしょう。

子供の正義感とでもいうような
純粋な価値観や正義といったもの
正当な正しいことがものを申すときとなります。

また、非常にテンションが高いもの
単純なバトルそういうものに注目が集まります。

或いは町ぐるみの喧嘩
例えば。大阪のだんじりのような祭りや
プロレス
朝まで生討論のような議論バトルまで

喧嘩祭りのようなものがウケる時なので
そうしたドラマや手法によって人々の流れを動かすようなことが増えてくるかもしれません。

また、お金についてや或いは何に価値を抱くのか?
所有することなどについての考え方や
価値観への変化が今年から約7年かけて始まるでしょう。

—————————————-

<個人レベルでは…>

深く結びついたものがっちり固まった組織やつながりかた自由になりたい、或いは抜け出して広い視点を抱きたい。チャレンジしたいというエネルギーに追い風が吹くとき。

急に、家族や恋人の反対を押し切ってやりたいことに向かって挑戦してみたくなるような人が増えるかも。

海外旅行・出版業や学術的な分野は幸運の風が吹くので
旅行の計画やグレードUPを目指して学校にいくなどはおすすめ。

ただ、いい意味でも悪い意味でも、物事が拡大しやすいとき。マイナス思考の人はマイナスが拡大し、ポジティブな人はポジティブが拡大するような作用もあるので
意識的に、前向きな発想に意識を持っていくように心がけることが開運のカギ。

また、裏表のない、正々堂々とした真っ当な意見や態度に好感が集まるので姑息なやり口は封印を。